あがって話せないのではなかった!話せないからあがっていたのだ。

あがり症の方が、よくあがって話せない、といいますよね。

実は私も36歳までそう考えていました。

極度のあがり症だった私は、イメージトレーニング、メンタルトレーニング、

呼吸法、ヨガ、グッズ・・・

わらにもすがる想いでかたっぱしから上がらない方法にとびつきました。

でもダメだったんです。

あがり症がひどく、あまりに仕事で話すことができなかったため、プレゼンではいつも大きな失敗を繰り返し、

部下からは嘲笑される毎日でした。

とびきり大きな失敗をし、おはずかしい話、泣きながら池袋のジュンク堂に入った時、

「話し方本」という運命の出会いをしたのです。

「話し方ってまなべるのか!」「いや、もしかして、話せないからあがっていたのか!」

私の今までの「あがって話せない」という考えが根底から覆った瞬間でした。

 

そこから話し方を学び、なんとまったくあがらなくなったのです。

これは事実です。

実は私の一冊目の著書をそのことを書きました。

あがり症でなやんでいるあなた、どこでもいいです。

話し方を試しに学んでみてください。

なんでもいいです。話し方の本を手に取ってみてください。

そこにあなたのターニングポイントがあるかもしれないのですから。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。